大阪大学SEEDSプログラム

大阪大学の教育研究力を活かしたSEEDSプログラム
〜傑出した科学技術人材発見と早期育成〜

SEEDSとは

大阪大学の教育研究力を活かしたSEEDSプログラム
〜傑出した科学技術人材発見と早期育成〜

SEEDSは「Science & Engineering Enhanced Education for Distinguished Students」の頭文字をとったもので、 世界最先端の科学技術にいち早く触れてみたいという意欲的な高校生向けのプログラムです。

SEEDSには「体感コース → 実感コース」と「体感コースS → 実感コースS」という2つの選択があり、 それぞれ次のような高校生に参加していただくことを想定しています。

体感コース→実感コース
  • SSHなどに参加していない高校に在籍し、個人として研究活動に意欲を持っているが、実際にどう活動すればいいか分からない高校生
  • 在籍高校はSSH校であり、研究活動に興味を持っているが、研究の機会が得られていない高校生
体感コースS→実感コースS
  • 既にSSH校のような高校で研究活動をしているが、高校での研究をより発展させるために、大学教員の指導を受けたいという 要望を持っている高校生

  • 個人で研究しているテーマを持っている高校生のために、上記とは別に「探究コース」を設けています(詳細はこちら)。

このような、これから伸びようとする人材(種:SEEDS)に大学の研究に触れてもらうことで、 研究に対する芽(目)を大きく伸ばしてもらうことが、SEEDSプログラムの目的です。

ファーストステップ体感コース・体感コースS
(詳細はこちら)
  1. 体感科学技術・体感国際交流
    オムニバス形式の講義と講義後の「めばえ道場」(少人数によるディスカッション)や 最先端科学技術体験ツアー等に加え、留学生との交流など異文化交流体験に参加します。
  2. 体感科学研究
    体感コース:物質系、生命系、数物系、応用技術系、情報・数理系の各コースのさまざまな研究や体験に参加します。
    体感コースS:各自が高校で続けてきた研究を大学教員がサポートします。

注意:8割程度以上の出席が必須です。

セカンドステップ実感コース・実感コースS
(詳細はこちら)

SEEDSプログラム2年目のコースで、ファーストステップ体感コース・体感コースS修了生の希望者から受講生を選考します。
大学の研究室で自主研究に取り組み、本物の研究を実感していきます。また、受講生全員で集まり、留学生との交流や発表の仕方を学んだりします。

探究コース
(詳細はこちら)

個人で研究活動を行っている高校生を対象としたコースです。学校などで研究していない個人研究もこちらのコースで受け入れます。大学教員が大学の施設で研究を支援します。

育てたい人物像

SEEDSでは、次のような科学の世界に伸びていく人を求めます。

  • 課題探求能力
    広い基礎科学力と各分野の専門知識の獲得ができ、講義(コア科目)への参加による学力向上が期待でき、またオンデマンド講義による自主的・能動的な学習に積極的に取り組む。
  • 論理的思考力
    科学的な考え方と問題解決方法の修得に優れ、研究室の少人数で実践される答えの得られていない問題に対する体験を通じて、大きくその能力を伸ばす。
  • リーダーシップ
    自主的な研究計画の作成、グループ研究体験(基礎セミナーやオナーセミナー)、異分野や留学生との交流に積極的に取り組む。
  • プレゼンテーション能力
    小論文やレポート作成によって、自主研究の結果整理と論点整理を行う資質に優れた者。また研究成果発表会等で自分の研究内容に対する専門家との質疑応答に積極的に取り組む。
  • 英語交流
    留学生との国際交流イベントや、海外からの学生や研究者と開催する研究会へ参加できる英語力を有する。
  • 科学者倫理
    プログラム開始前の「導入教育」で行われる倫理教育に関心をもち、積極的に取り組む。